メニュー

ブログ

パーキンソン病の便秘(αシヌクレインと治験薬) (2023.06.30更新)
パーキンソン病では、震えや歩行障害などの運動症状に先行して便秘が見られることが珍しくありません。この現象は古くから知られていましたが、その理由は分かっていませんでした。私が医者になってすぐ位の頃には、… ▼続きを読む

自治医大が行うALSの治験について(簡単な解説) (2023.06.03更新)
自治医科大学がALS(筋萎縮性側索硬化症)患者さんに対する治験をおこなう予定です(ALS 遺伝子治療の治験始まる 患者への投与は国内初)。治験というのは新しい治療法(薬)の安全性や効果を患者さんに試す… ▼続きを読む

ひかりステッキ(パーキンソン病患者さんのための杖) (2023.05.27更新)
パーキンソン病患者さんのための杖を購入しました。 パーキンソン病の方では、なかなか脚が前に出にくくなることがあります。なかには、脚が地面にくっついてしまったかのように、頑張れば頑張るほど脚が出なくな… ▼続きを読む

富山大学のパーキンソン病に関する研究発表について (2023.05.02更新)
最近、富山大学からパーキンソン病の発症メカニズムに関する研究発表がありました。 富山大学 パーキンソン病の発症メカニズム発見 新治療法に期待 何人かの患者さんから「これで治療法ができるんでしょうか… ▼続きを読む

多系統萎縮に対する新たな治療法について (2023.04.15更新)
2023年4月14日付けで、東京大学が多系統萎縮症に対する新たな治療法を発見したと各社から報道されています。 難病「多系統萎縮症」に一定の効果 進行抑える世界初の薬開発に一歩 神経難病、多系統萎縮… ▼続きを読む

親の認知症に気づく (2023.03.31更新)
昔と違って、今は高齢者の一人暮らしが増えています。子供がいても別居していたり、あるいは2世帯住宅で普段あまり顔を合わせることがない場合も珍しくありません。一方、80歳を過ぎると認知症を発症する可能性は… ▼続きを読む

パーキンソン症状を引き起こす薬、パーキンソン病の症状を悪化させる薬 (2023.03.17更新)
薬の副作用でパーキンソン病のような症状が出てくることがあります。こうした病態は薬剤性パーキンソン症候群と言われており、薬剤の中止により改善が期待出来ます。 薬剤性パーキンソン症候群の原因となる薬はた… ▼続きを読む

女性ホルモンと認知症 (2023.03.15更新)
認知症は年齢とともに増える病気ですが、その発症には男女差があります。認知症の中でもっとも多いアルツハイマー型認知症は、女性の方が多いことが知られています。例えば、外来を受診される認知症初診患者さんを調… ▼続きを読む

アルツハイマー病の新薬 レカネマブ (2023.03.06更新)
製薬会社のエーザイが開発したアルツハイマー病治療薬のレカネマブがアメリカで新薬として認可を受け、近いうちに日本でも認可を受ける見込みです。 この薬は、アルツハイマー病の原因としてもっとも有力視されて… ▼続きを読む

パーキンソン病の治療 近いうちに期待出来ること、できないこと (2023.02.23更新)
パーキンソン病は神経疾患の中では比較的新しい治療薬、治療法が出ている病気だと思います。もちろん、患者さんにとっては、それでも治療法の進歩は遅々としたものでありもっと良い治療を希望されていると思います。… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME