メニュー

新型コロナウイルスに感染した時に、薬局で買える薬

[2022.05.25]

現在流行している新型コロナウイルスは100%オミクロン変異となっており、肺炎などを合併する人はかなり希で多くの方は風邪症状が中心で入院する必要はありません。

高齢者や基礎疾患がある人に対しては、コロナウィルスの増殖を抑える飲み薬がありますがそれ以外方については、解熱剤や咳止めといった症状に対する薬を服用し自宅ないしホテル療養ということになります(こうした症状に対する治療をおこなうことを対症療法と言います)。

対症療法に使う薬は、特にコロナウィルス専用のものではなく風邪などに対して処方する薬と同じものです。クリニックでもそうした薬は処方しますが、同じ成分で薬局で買えるものも沢山あるのでご紹介します。

 

咳止め メジコン咳止めPro・・・医療機関で最もよく処方される咳止めの1つです。妊婦や授乳中の方も服用可能ですが、15歳未満は服用できません。

喉の痛み 医療機関ではトラネキサム酸という薬を処方することが多いと思いますが、市販薬ではペラックT錠という薬に含まれています。ただ薬の効果は限定的です(すごく効いたという人はあまりいません)。プロポリス喉スプレーやのど飴も有効だったという患者さんのお話もありますので、試してみても良いと思います。

解熱剤 バファリン、イブ、ロキソニンなど・・・解熱剤は鎮痛剤と同じ成分ですので頭痛や生理痛などに使う薬が使用可能です。

頭痛・・・やはりバファリン、イブ、ロキソニンといった通常の頭痛薬が有効です。

痰、鼻水の薬・・・L-カルボシステインという薬が痰や鼻づまりの切れを良くするために用いられます。ストナ去たんカプセル去痰CB錠という薬にL-カルボシステインが含まれています。また鼻水に対しては抗ヒスタミン薬というアレルギー性鼻炎の薬を処方することもあります。市販薬ですと、アレジオンやアレグラがそれに相当します。

下痢・・・即効性はありませんが、ビオフェルミンなどの整腸剤が有効です。

吐き気・・・医療機関ではドンペリドンやメトクロプラミドといった吐き気止めを処方しますが、同じ成分の市販薬はまだ存在しません。漢方薬の中には吐き気に有効なものもありますので、薬剤師さんに相談してみてください。

 

市販薬を服用しても症状がなかなか改善しない場合は、必ず医療機関に相談してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME