メニュー

風邪に抗生物質は効きません

[2020.11.28]

そろそろ風邪の患者さんが増えるシーズンになってきました。当院でも、11月後半より風邪症状の患者さんが増えています。

昔の医者は(今でも一部の医者は)風邪に抗生物質を処方しますが、風邪に抗生物質は効きません。なぜでしょうか?

まず、風邪の原因となるのはウィルスです。風邪症状を引き起こすウィルスは何種類かあり、コロナウィルスの一部も風邪の原因になります(現在流行している新型とは別で、昔からあるタイプ)。抗生物質が効果を発揮するのは細菌に対してのみで、実はウィルスと細菌はまったく別物です。どのくらい違うかというと、人間とネズミのほうがまだ似ていると言えるくらいです。人間と植物よりも違うのです。

では、ウィルス感染と細菌感染はどう違うのでしょうか?

すごく簡単に言うと、ウィルスは感染すると複数の身体の部位で症状をおこします。例えば、典型的な風邪だと、喉の痛み、鼻水、咳(肺・気管支)、関節痛、筋肉痛、下痢(腸)といった具合です。一方、細菌感染は肺炎なら肺に、扁桃炎なら扁桃腺にしか感染しないため風邪のようにいろいろな症状を引き起こすことはありません。肺炎なら、熱、咳、痰が主で鼻水や関節痛をおこすことはありません。ですから、咳、鼻汁など複数の症状がある時点で細菌感染の可能性は低く、抗生物質の効果は無いと考えられます。

「いや風邪でもこじらすと肺炎になることもあるんだから、予防のために抗生物質を服用する必要があるじゃないか」という意見がありますが、風邪患者に抗生物質を投与しても、その後の肺炎などの二次感染は予防できないことが分かっています。

抗生物質には、薬疹、肝機能障害、下痢などの副作用が決して希ではありません。また抗生物質は腸内の善玉細菌も殺してしまうので、抗生物質を多用すると腸内細菌叢が乱れて別の病気になりやすくなります。また抗生物質を社会全体で乱用すると、抗生物質が効かない細菌(耐性菌)が増加することも問題です。

風邪ウィルスに対する薬はありませんので、結局のところ風邪をひいたら暖かくして休養をとることが一番なのです。

<a href="https://pixabay.com/ja/users/jarmoluk-143740/?utm_source=link-attribution&amp;utm_medium=referral&amp;utm_campaign=image&amp;utm_content=257336">Michal Jarmoluk</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&amp;utm_medium=referral&amp;utm_campaign=image&amp;utm_content=257336">Pixabay</a>からの画像

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME