メニュー

パーキンソン病と血圧

[2020.08.15]
パーキンソン病を発症すると、徐々に血圧は低下傾向になり、以前は血圧の薬を服用していても不要になる人もいます。

また起立性低血圧といって、血圧が急に低下し血の気が引く感じや、ひどい場合は転倒したり失神することがあります。収縮期血圧(上の血圧)が寝ている状態から起き上がった時に20mmHg以上低下する場合を起立性低血圧といい、パーキンソン病患者さんの約30%に認められます。個人的な経験では、転倒したり失神するような場合は30mmHg以上低下していることが多いと思います。

起立性低血圧の原因ですが、本来血液は液体なので高いところから低いところに流れます。ただそのままだと立ち上がった時に上半身の血液がすべて下半身に流れ落ちてしまいますので、私たちの身体にはそうならないようにブレーキをかける仕組みがあります。パーキンソン病ではこのブレーキをかける自律神経の働きが障害されるため、起立性低血圧が起きると考えられます。

起立性低血圧はおこしやすい状況があります。もちろん急に立ち上がった時がそうなのですが、食後、排泄後、入浴中などは血圧が下がりやすくなるため起立性低血圧を起こしやすくなります。

対策としては
1. 長時間座っていた後は、できるだけゆっくり立ち上がる。また座っている間は両脚を挙げておく。
2. 水分・塩分摂取を心がける。
3. 降圧薬や利尿薬など、血圧を下げる薬は減量・中止する。これ以外にも血を下げる作用をもつ薬があるので、注意が必要です。
4. 弾性ストッキングといって両足を締め付けるストッキングがあります。これを履くと、血液が足に過剰に流れるのを防ぐので起立性低血圧がましになりますが、長時間装着することはなかなか難しいです。

以上の方法でも改善がなく生活に支障が出る場合は、血圧を上げる薬を服用する場合がありますが、こうした薬を服用すると、横になっている時の血圧はむしろ高血圧になることがあります。

私の経験では、薬物療法もある程度有効ですが、起立性低血圧に注意しながらなるべく身体を動かしてもらうと徐々に血圧の変動に身体が慣れてくることも多いようです。

パーキンソン病の起立性低血圧では失神することは希ですが、レビー小体型認知症や多系統萎縮症という病気では失神するような起立性低血圧を繰り返すことは希ではありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME