メニュー

海外渡航および隔離期間短縮のための検査証明

海外渡航のためのPCR検査証明書(英文・QRコード付き)を発行します。検査の翌日朝9時以降のお渡しになり、費用は診断書+検査で17000円です。ただし、翌日が日曜や祝日の場合はお渡しはさらに翌日になります。

日本入国後の待機期間短縮のためのPCR検査にも対応しています。

検査当日に診断書が必要な場合は朝9時30分までに検査を受けて頂ければ、その日の夜までに診断書をPDFでお送りします(注)。当日対応できるのはPDFの診断書のみで、紙の診断書は以下の(注)の理由でお約束ができません。当日に結果を出す場合は+3000円かかります。
 
詳しくはTeCOTのホームページをご覧いただくか、当院までお問い合わせください。
 
当院で発行している診断書の見本です(ベトナムは別の書式になります)。
 
(注)当院のPCR検査は検査会社に委託しています。
当日9:30までに検査を受けて頂くと、ほとんどの場合は17時までに結果が出ます。ただ、希ですが(30-400人に1人)検査会社の方で再検査となることがあり、その場合は最終結果が出るのは20時頃になります。この、再検査というのは、体内に微量のウィルスが存在し検査結果がグレイゾーンになる場合で、以前に感染したウィルスが僅かに残っている場合や感染していても、体内のウィルス量が少ない場合です。
再検査になると、実際は90%以上の確率で陽性と診断されます。
つまり、ほとんどの場合は17時までに結果を出せますが、ごく希に18時に間に合わないことがあり、その場合は陽性となることがほとんど(100%ではない)だと言うことです。
 
 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME